鎌倉でアジサイをたっぷり堪能した気分になれるところは、神社仏閣では北鎌倉の明月院と東慶寺、長谷周辺の成就院と長谷寺の計4ヶ所です。 明月院と成就院を横綱、東慶寺と長谷寺を大関と呼んでもよいでしょう。この4ヶ所を中心にその他のお寺や神社を併せてめぐるのが、梅雨の時期の鎌倉観光のコツです。
商業スペースですが、北鎌倉古民家ミュージアムも上記4者に並ぶ見事さです。また、北鎌倉から鶴岡八幡宮へ向かって坂をくだっていくと、途中の長寿寺周辺や少し横道に入る亀ヶ谷坂切通の周辺にもきれいなアジサイが咲きます。ほかにも鎌倉には、関脇級、小結級の「なかなかいいね!」という名所はたくさんあります。 色が十分濃くなり、かつフレッシュさを保っている時期がベストです。

鎌倉のアジサイめぐりのお勧めポイント

北鎌倉の美しいアジサイ

【番付◇横綱】

明月院のアジサイ

「明月院ブルー」とでも呼びたくなるような清涼な青を基調としてします。武家の古都にふさわしい、端正で瑞々しい美しさです。

明月院

【番付◇大関】

東慶寺のアジサイ

門前の石段の両側が青や赤に埋もれます。下から見上げる風景が鮮やかで、とてもきれいです。

東慶寺

長谷周辺の美しいアジサイ

成就院の参道は、2017年3月まで工事が行われます。その後、アジサイの状況も変わる可能性があります。

【番付◇横綱】

成就院のアジサイ

長く続く参道の石段がたくさんの花に埋もれ、その向こうに相模湾が広がります。梅雨の晴れ間には、海が輝く絶景となります。

成就院

【番付◇大関】

長谷寺のアジサイ

境内奥の観音山の斜面に、一面にアジサイが植えられています。その中に通る遊歩道を歩きます。

長谷寺

鎌倉のさまざまなアジサイの名所

【番付◇関脇・小結】

円覚寺のアジサイ

「円覚寺のアジサイ」へ

広い境内のあちらこちらを、アジサイが青や紫に彩ります。

北鎌倉古民家ミュージアムのアジサイ

「北鎌倉古民家ミュージアムのアジサイ」へ

早い時期には清楚なヤマアジサイを、盛期には本格的なアジサイを楽しめます。

安国論寺のアジサイ

「安国論寺のアジサイ」へ

丸い玉ではなく、可憐で素朴なヤマアジサイが風に揺れています。清らかな風情です。

英勝寺のアジサイ

「英勝寺のアジサイ」へ

鎌倉でただひとつの尼寺の典雅な堂宇に、青や紫の玉が美しく映えます。

瑞泉寺のアジサイ

「瑞泉寺のアジサイ」へ

野山の雰囲気のある境内を、たくさんのアジサイやガクアジサイが彩ります。

御霊神社前の踏切のアジサイ

「御霊神社前の踏切のアジサイ」へ

成就院と長谷寺の間に位置します。アジサイと江ノ電を同時にカメラに収めるポイントです。

【番付◇前頭・十両】

光則寺のアジサイ

「光則寺のアジサイ」へ

「長谷の花寺」と言われる光則寺は、梅雨もきれいです。

海蔵寺のアジサイ

「海蔵寺のアジサイ」へ

扇ガ谷に位置する美しいお寺、海蔵寺をアジサイが彩ります。

浄妙寺のアジサイ

「浄妙寺のアジサイ」へ

鎌倉五山第5位の浄妙寺は、アジサイもきれいです。

覚園寺

境内奥の林の中にアジサイが咲きます。なかなかのものですが、境内奥は撮影禁止なので紹介できません。

※このほかにも街角のあちこちで、美しいアジサイを見ることができます。

★下のポイント名をクリックすると、地図の中央に表示されます。★

明月院  東慶寺  成就院  長谷寺   円覚寺  安国論寺  英勝寺  御霊神社  
海蔵寺  光則寺  覚園寺  

鎌倉 風の旅

(c)このホームページのコンテンツは著作権法により保護されています。無断転載を禁じます。

アジサイ
まめ知識

アジサイの基本種はガクアジサイです。ガクアジサイは中央にある花びらのない両性花が受粉し、種子をつけます。そして、両性花を囲むように、ガクだけの中性花があります。

ガクアジサイ

▲ガクアジサイ

一般のアジサイの場合は、両性花が全くなかったり、少なかったりして、花びらのような形のガクが手まりのように丸くなります。

アジサイ

▲手まり状のアジサイ

※本サイトでは、便宜上、アジサイの“花”という呼称を用います。

アジサイの種類

アジサイの野生種は、大きく次のように分類できます。
1. 日本種
14種、1亜種、6変種が自生しています。
2. 外国種
アメリカ、インド、中国、ネパールなど、世界各地にアジサイが自生しています。
3. アジサイではないが近縁のアジサイ科の植物
ウツギ、イワガラミ、クサアジサイなどがあります。


ウツギ

▲ノリウツギ

アジサイの名の由来

古くはアズサイと言われていたことから、集真藍(あずさあい)が次第にアジサイとなったという説が有力です。 ほかには青い花が群れて咲くことから名づけられたという説や、アジは美称でサイはヤマユリを指すという説などがあります。
漢字では次のように表記します。
『万葉集』:味狭藍・安治佐為
『新撰字鏡』僧 昌住/894〜900年刊:安治左井
『和名類聚抄』源順(みなもとのしたごう)/930〜937刊刊:安豆佐為

現代では紫陽花と書きますが、これは源順が白楽天(白居易)の詩、紫陽花をもとに用いたのが最初です。

何年植向仙壇上
早晩移栽到梵家
雖在人間人不識
与君名作紫陽花

(読み方)
何れの年にか植えて仙壇のほとりに向かう。
いつか移しうえて梵家(寺)に到る。
人間に在りといえども人識らず。
君がために名づけて紫陽花となす。

色が変わるアジサイ

アジサイに含まれるアントシアニンはアルミニウムに反応し、アルミニウムを多く吸収すると花色は青く、あまり吸収しないと花色は赤くなります。紫はその中間です。
アルミニウムは酸に溶けるため、酸性の土壌では青く、アルカリ性の土では赤くなりがちです。ただし、株により、根により、吸収する量は異なるため、同じ株のアジサイでも青くなったり、赤くなったりします。
白い花の場合はアントシアニンを含まないため、土壌の影響は受けませんが、日照によって赤に変化する品種があります。

長谷寺のなごみ地蔵とアジサイ

▲長谷寺のなごみ地蔵とアジサイ