北条時頼 大黒天はヒンドゥー教のシヴァ神の化身であるマハーカーラが、日本に伝わったものです。シヴァ神は破壊と創造の神で、マハーカーラは「大いなる暗黒」という意味です。だから大黒天と言うのです。
日本に伝わってからは、「いなばの白ウサギ」の話でウサギを助けた心の優しい神様、大国主命(オオクニヌシノミコト)と融合されていきました。大国主命の「大国」も「ダイコク」と読めるためであろうと思われます。
大黒天は古来、農業の神とされました。やがて、丸々と太った姿が示すように豊かさを司り、子宝、縁結び、出世、開運、商売繁盛のご利益があると信じられるようになりました。

長谷寺の大黒堂には、弘法大師作と伝えられる大黒天像が安置されていましたが、この大黒天像は神奈川県内で最古の大黒天像として、現在は宝物館に移されています。
それに替わってまつられているのが、「出世開運授け大黒天」です。この大黒天は鎌倉・江の島七福神のひとつであり、出世や開運のご利益があり、福運を授けてくれるといわれています。
また、大黒堂の中には「さわり大黒天」が置かれ、手でさわることでご利益を受けることができるとされておりますぞ。

大黒堂

▲大黒堂 長谷寺の中心的な建物である観音堂の向かって左側にあります。

さわり大黒天

▲さわり大黒天 さわって福運を授かりましょう。また、右端に小さく見えるのが、出世大黒天です。

長谷寺のくわしい情報はこちら

鎌倉 風の旅鎌倉のご利益さん

(c)このホームページのコンテンツは著作権法により保護されています。無断転載を禁じます。

鎌倉 風の旅 鎌倉のご利益さん

【長谷寺の観光情報】

●住所

〒248-0016
鎌倉市長谷 3-11-2

●電話

0467-22-6300

●拝観料

大人300円/小学生100円
宝物館200円

●見学に要する時間

40分〜1時間ほど。

●拝観時間

3月〜9月 8:00〜17:30
10月〜4月 8:00〜17:00

※原則として、閉門の30分前までに入場してください。

●休日

年中無休(宝物館は火曜日休館)

●駐車場

あり

●車いすによる拝観

可(要介添者、妙智池と放生池周辺まで。その上は階段が多く、困難。)


【長谷寺へのアクセス】

江の電「長谷」駅下車、徒歩約500m。


長谷寺のくわしい情報はこちら