北条政子 鶴岡八幡宮の摂社(関連神社)である旗上弁財天は、私の夫、源頼朝が旗揚げするときに勝利を祈願したことから、その名がつきました。鶴岡八幡宮の境内に入ってすぐ、向かって右手の源氏池にあります。
この旗上弁財天には、夫が私の安産を祈って置いてくれた石があります。そのため後の世の人々は、私の名をとって政子石とか姫石と呼び、子宝や安産のご利益があると信じられるようになっていきました。
江戸時代末期に日本を訪れたイギリスの植物学者ロバート・フォーチュンは、著書「江戸と北京」の中で、 女性がこの石を拝んで懐妊すると、自分の名前を書いた布を竹の棒にくくりつけて石の近くに立てる風習があったことを記しているそうです。

この石は古くは鶴岡八幡宮にありましたが、近代になって旗上弁財天に移されました。
今でも女性やカップルが、子宝や安産を願って拝んでいきます。恋の願掛けをする女性もおられます。
石は社殿の裏の池のすぐそばにありますから、赤い社殿をぐるりとまわって探してください。すぐに見つかりますよ。

旗上弁財天の社

▲旗上弁財天の社 小さなものですが、朱塗りできれいです。向かって左手から裏をのぞくと、政子石があります。

さわり大黒天

▲政子石 別名を姫石といいます。手で触ってみたい方は、神社の方に声をかけてください。

鶴岡八幡宮のくわしい情報はこちら

※旗上弁財天については、この中で紹介しています。

鎌倉 風の旅鎌倉のご利益さん

(c)このホームページのコンテンツは著作権法により保護されています。無断転載を禁じます。

鎌倉 風の旅 鎌倉のご利益さん

【旗上弁財天の観光情報】

●住所

〒248-8588 鎌倉市雪ノ下 2-1-31(鶴岡八幡宮内)

●電話

●拝観料

境内無料

●見学に要する時間

5分〜10分ほど。

●拝観時間

境内自由

●休日

とくになし

●駐車場

あり(21号線沿い裏手の鶴岡八幡宮の駐車場を利用/有料)

●車いすによる拝観

困難(橋に起伏があります。)


鶴岡八幡宮のくわしい情報はこちら

※旗上弁財天については、この中で紹介しています。