源実朝 お釈迦様の弟子の中に、ビンドラ・バラダージャという方がおられました。日本では尊敬の意味を込めて、おびんずる様と呼ばれています。漢字ではお賓頭盧様と書きます。
おびんずる様の説法は力強く、獅子のようであったため、弟子の中でも獅子吼第一と称されていました。慈悲深く、神通力をお持ちであったと伝えられています。
おびんずる様は衆生を済度する役割を持って人の世に遣わされた16人の阿羅漢、いわゆる十六羅漢の第一とされます。
建長寺の三門の下には、このお賓頭盧様の木像が置かれています。 体の中で痛むところや具合のよくないところをなでると神通力で治癒してくれるとされていますから、三門をくぐるときに、なでてみてください。

お賓頭盧様の説明書き

▲おびんずる様の説明書き 立て札に「神通力第一ト称セラル」と書かれてあります。

お賓頭盧様

▲おびんずる様 建長寺を入って最初に至る大きな山門の下に安置されています。

建長寺のくわしい情報はこちら

鎌倉 風の旅鎌倉のご利益さん

(c)このホームページのコンテンツは著作権法により保護されています。無断転載を禁じます。

鎌倉 風の旅 鎌倉のご利益さん

【建長寺の観光情報】

●住所

〒247-8525
鎌倉市山ノ内8

●電話

0467-22-0981

●拝観料

300円

●見学に要する時間

40分〜2時間ほど。
※半僧坊方面までじっくり見ると、時間がかかります。

●拝観時間

8:00〜16:00

※原則として、閉門の30分前までに入場してください。

●休日

年中無休

●駐車場

あり(門前)

●車いすによる拝観


【建長寺へのアクセス】

JR北鎌倉駅下車、徒歩約1km。
または鎌倉駅東口2番のバス停から江の電バス「大船行き」に乗り、「建長寺」下車。
※京急バスの「大船行き」は「建長寺」を経由しないので注意。


建長寺のくわしい情報はこちら