西行 大巧寺は鎌倉駅から一番近いお寺です。境内は東西に細長く、若宮大路とその東側の小町大路をつないでいるため抜け道にもなり、近所の人々にはとても身近なお寺となっています。
この大巧寺のご本尊は産女(うぶめ/うぶすめ)霊神といい、境内には産女霊神社もあって、おんめさまと呼ばれています。産女様に御をつけて、御産女様(おうぶめさま)となり、読みやすいようにおんめさまと言うようになったものと思われます。

おんめさまには幽霊にまつわる伝説があります。
戦国時代の天文年間(1532〜1555)のある夜のこと、5世住職の日棟上人は赤ちゃんを抱いた女の霊に出会いました。 難産で亡くなったと聞いた日棟上人が法華経を唱えて念入りに回向すると、女の表情はやわらぎ、やがて姿が消えていきました。
数日後、女の霊が現れて、「苦しみから救ってくれたお礼に」と生前に蓄えたお金を持ってきたので、そのお金で宝塔を建てて産女霊神としてまつりました。

それ以来、大巧寺にお参りすると安産になることから、安産の神様として信じられるようになりました。 産女霊神はご自身が難産で亡くなった女性の神様だけに、ほかの女性が同じ悲しみを決して味わうことがないように守ってくださるのでしょう。
大巧寺は鎌倉駅から近いためもあって、多くの人々が安産祈願に訪れるお寺となっています。 安産祈願には、お守りや腹帯を頂いていくとよいでしょう。

大巧寺の入口

▲大巧寺の入口 安産の神様であることが示されています。

腹帯の授与所

▲腹帯の授与所 安産のお守りや腹帯は、本堂の右横の授与所で頂くことができます。

大巧寺のくわしい情報はこちら

鎌倉 風の旅鎌倉のご利益さん

(c)このホームページのコンテンツは著作権法により保護されています。無断転載を禁じます。

鎌倉 風の旅 鎌倉のご利益さん

【大巧寺の観光情報】

●住所

〒248-0006
鎌倉市小町1-9-28

●電話

0467-22-0639

●拝観料

境内自由

●見学に要する時間

5分〜10分ほど。

●拝観時間

9:00〜17:00

※原則として、閉門の30分前までに入場してください。

●休日

年中無休

●駐車場

鎌倉駅から見て反対側の小町大路側の入り口横にあります。

●車いすによる拝観

可。若宮大路側の入口は数段の階段があるので、小町大路側へまわってください。本来はそちらが正門です。


【大巧寺へのアクセス】

JR鎌倉駅東口から徒歩すぐ。


大巧寺のくわしい情報はこちら