五所神社を散策

入り口から境内へ

入り口 境内

来迎寺を出て道を南へ進むと、すぐに五所神社の入口があります。

境内へ入ると左手にご住居を兼ねた社務所があり、正面には石段があります。石段を上ると社殿があります。

石上稲荷

石上稲荷 ご神体の石

本殿の近くに石上稲荷という小さな稲荷社があります。豆腐川の河口にあった石がまつってあります。

石は海水浴客や漁師に悪さをすることが多かったため、陸に引き上げられ、初めは個人宅に置かれていました。1937年に五所神社に安置されました。

庚申塔・摩利支天

庚申塔 摩利支天

庚申塔が並んでいます。なかには鎌倉市の指定文化財や有形民俗文化財となっているような、貴重なものもあります。

庚申塔の右端に摩利支天の像があります。如来、菩薩、明王に次ぐ高い霊的地位にある三面六臂の武神です。摩利支天を拝む者は、人から姿を見られず、悟られず、危害を加えられず、罰せられず、財をとられず、願いを成就できるとのことです。

馬つなぎ石・乱橋の手すり石

馬つなぎ石

管理人メモ:
もしかして、パワースポット!?

お参りをしてから御朱印を書いて頂きながら神職の奥様とお話していたら、「商店街の人たちは、この神社には何かあるとおっしゃるんですよ」とのことでした。
メモを取る私のノートの上に小さな木の実が落ちてきて、「いいことがあるかも」と思ってもどったら、新規の大きな仕事の依頼が来ていました。鎌倉のかくれたパワースポットかもしれません。

右の石は馬つなぎ石、左の2本の石は乱橋の手すり石だったそうです。昔の暮らしを知るための貴重な文化遺産です。

「潮香る庶民の街のお寺と神社」の観光コースガイドへ

「鎌倉 風の旅」のトップページへもどる「潮香る庶民の街のお寺と神社」の観光コースガイドのページへ

(c)このホームページのコンテンツは著作権法により保護されています。無断転載を禁じます。

【五所神社の観光情報】

●正式名称

五所神社(ごしょじんじゃ)

●祭神

大山祇命(オオヤマツミノミコト)
素戔嗚命(スサノオノミコト)
建御名方命(タケミナカタノミコト)
天照大神(アマテラスオオミカミ)
崇徳院霊(すとくいんれい)

●ご利益

諸願全般

●創建年

1908(明治41)年

●住所

〒248-0013
鎌倉市材木座2-9-1

●電話

0467-25-0949

●拝観料

境内無料

●見学に要する時間

5分〜10分ほど。

●拝観時間

とくになし

●休日

とくになし

●駐車場

なし

●車いすによる拝観

本殿がある石段の下まで可。奥の方は困難です。


【五所神社へのアクセス】

JR鎌倉駅東口の7番のバス停から「新逗子駅行き」「小坪行き」に乗り、「五所神社」で下車。徒歩約200m。


【花歴】

花歴:桜

桜◇3月末〜4月初め

花歴:アジサイ

アジサイ◇6月中旬〜下旬

花歴:紅葉

紅葉◇11月下旬〜12月上旬

花歴:ボケ

サザンカ◇12月下旬〜3月中旬

※写真はイメージです。
※時期は年によって異なります。


【近くにある観光名所・史跡】
長勝寺
安国論寺
妙法寺