報国寺を散策

山門と参道

山門 参道

バスを降りて「報国寺入口」の信号から南へ入り、少し歩くと報国寺が見えてきます。山門をくぐって、中に入ります。

境内の中をまっすぐに、石畳の参道が通っています。

観音様の像・お地蔵様

観音様の像 お地蔵様

境内に入って、まず目につくのは観音様の像です。白くて、たおやかな感じの美しい像です。

お地蔵様もやさしげです。石には、念仏供養塔と彫られています。

本堂・迦葉堂

本堂 迦葉堂

道を奥まで歩くと石段になっています。石段を上がった正面に本堂があります。本尊の釈迦如来坐像が安置されています。

本堂の右側には迦葉堂(かしょうどう)という座禅堂があります。日曜日、朝7時からのの座禅会には、一般の人も参加できます。

鐘楼・拝観受付

鐘楼 拝観受付

鐘楼の屋根は茅葺きです。鐘楼の前には風雨に溶けかかったような石塔群があり、雰囲気をかもし出しています。

本堂の左手に、「竹の庭」の拝観受付があります。

報国寺の「竹の庭」

竹林 石塔

竹の間の石塔が、よいアクセントとなっています。

休耕庵

「竹の庭」の奥には休耕庵という茶席があります。

報国寺の「竹の庭」には、約2000本もの孟宗竹が生えています。冬でも青く、美しいものです。

観光ナビ

休耕庵でお抹茶を頂きたい場合は、事前に受付でチケットを購入してください。

足利一族のやぐら・中庭

足利一族のやぐら 中庭

竹林の東側のがけにはやぐら(横穴墳墓)があり、足利高時ら足利一族が眠っています。

本堂の裏は、枯山水が美しい中庭となっています。

「金沢街道沿いの美しい3つのお寺」の観光コースガイドへ

「鎌倉 風の旅」のトップページへもどる「金沢街道沿いの美しい3つのお寺」の観光コースガイドのページへ

(c)このホームページのコンテンツは著作権法により保護されています。無断転載を禁じます。

【報国寺の観光情報】

●正式名称

報国寺(ほうこくじ)

●宗派

臨済宗建長寺派

●山号

功臣山

●開基

足利家時(あしかがいえとき)
※上杉重兼という説もあります。

●開山

天岸慧広(てんがんえこう)

●創建年

1334(建武元)年

●本尊

釈迦三尊

●住所

〒248-0003
鎌倉市浄明寺2-7-4

●電話

0467-22-0762

●拝観料

本堂前までは、立ち入り自由。
竹の庭:200円

●見学に要する時間

20分〜50分ほど。

●拝観時間

9:00〜16:00

※原則として、閉門の30分前までに入場してください。

●休日

年中無休

●駐車場

報国寺の駐車場

▲山門前に少数停めることができます。

●車いすによる拝観

困難


【報国寺へのアクセス】

鎌倉駅東口5番のバス停から「金沢八景駅」行き、または「鎌倉霊園正門前大刀洗」行きに乗り、「浄明寺」で下車。徒歩約200m。


【花歴】

花歴:スイセン

スイセン◇1月下旬〜2月中旬

花歴:梅

梅◇2月中旬〜3月中旬

花歴:桜

桜◇3月末〜4月初め

花歴:シャガ

シャガ◇4月上旬〜5月上旬

花歴:ミヤコワスレ

ミヤコワスレ
◇4月上旬〜5月上旬

花歴:シャクナゲ

シャクナゲ◇4月下旬〜6月上旬

花歴:オオデマリ

オオデマリ◇5月中旬〜6月上旬

花歴:ヒガンバナ

ヒガンバナ◇8月中旬〜9月中旬

花歴:ミツバツツジ

ミツバツツジ
◇9月中旬〜10月中旬

花歴:イチョウの黄葉

イチョウの黄葉
◇11月中旬〜12月中旬

花歴:センリョウ・マンリョウ

センリョウ・マンリョウ
◇12月上旬〜2月下旬

花歴:ツバキ

ツバキ◇12月下旬〜2月下旬

※写真はイメージです。
※時期は年によって異なります。

【近くにある観光名所・史跡】
浄妙寺
杉本寺