覚園寺を散策

総門・愛染堂

総門 愛染堂

鎌倉宮から北へ向かう道を歩いていくと、やがて覚園寺の門が見えてきます。

門をくぐると正面に愛染堂があり、その横には鐘がつり下げられています。

境内の樹々と待合所

境内 待合所

境内は樹々に包まれ、石塔が立っています。

境内奥へ行く時間を待つための待合所です。少し早目に着いたら、門のすぐ中を歩いたり、この待合所に座ったりして待ちます。

美しい覚園寺の紅葉

紅葉

覚園寺の紅葉は、とてもきれい。京都の上質なお寺に比肩できる鎌倉唯一のお寺かもしれません。

管理人メモ:ぜひ、境内の奥へ!

覚園寺は、深イイ仏像の多いお寺です。かつて川端康成が近くに住んでいた頃は、よく通ったそうです。川端康成は「仏界入りやすく、魔界入り難し」という一休禅師の言葉を愛したといいますが、いかにもそんな感じです。
また、覚園寺の紅葉は、鎌倉でも3本の指に入る、見事なものです。拝観受付所から先は撮影禁止なので、ここに紹介はできませんけど、ぜひ奥へ行ってみてください。カエデの朱色、イチョウの黄色、曙杉(メタセコイア)の黄金色…と、変化に富む光景が広がっています。
そのほか、年により当たり外れはありますが、アジサイもなかなかのものです。

「鎌倉宮周辺の美しいお寺と神社をめぐる」の観光コースガイドへ

「鎌倉 風の旅」のトップページへもどる「鎌倉宮周辺のお寺と神社をめぐる」の観光コースガイドのページへ

(c)このホームページのコンテンツは著作権法により保護されています。無断転載を禁じます。

【覚園寺の観光情報】

●正式名称

真言院覚園寺(しんごんいんかくおんじ)

●宗派

真言宗泉涌寺派

●山号

鷲峰山(じゅぶせん)

●開基

北条貞時

●開山

智海心慧(ちかいしんえ)

●創建年

1218(建保6)年

●本尊

薬師三尊

●住所

〒248-0002
鎌倉市二階堂421

●電話

0467-22-1195

●拝観料

500円

●見学に要する時間

30分〜45分ほど。

●拝観時間

平日 10:00、11:00
13:00、14:00、15:00。
土日祝日 平日の時間に12:00が加わる。

●休日

雨天・荒天のとき/4月27日/8月1日〜31日/12月20日〜1月7日

●駐車場

あり(門前右側にごくわずか)

●車いすによる拝観

難しいですが、介添者がいれば可能。


【覚園寺へのアクセス】

JR鎌倉駅の4番のバス停から「大塔宮行き」に乗り、「大塔宮」下車、徒歩約650m。


【花歴】

花歴:梅

梅◇2月中旬〜3月中旬

花歴:アジサイ

アジサイ
◇6月中旬〜下旬(盛期)

花歴:蓮

ハス◇7月上旬〜8月上旬

花歴:紅葉

紅葉◇11月下旬〜12月上旬

※写真はイメージです。
※時期は年によって異なります。


【近くにある観光名所・史跡】
鎌倉宮
瑞泉寺
荏柄天神社