葛原岡神社を散策

入り口の鳥居・魔去ル石

葛原岡神社入り口の鳥居 魔去ル石

源氏山公園の中を通る道を北へ向かって歩いていくと、やがて葛原岡神社に至ります。

鳥居を入ると、邪気を払う「魔去ル石」があります。ちょっとお遊びっぽいですが、それが楽しいです。

縁結びコーナー

縁結びコーナー 縁結び石

こちらが縁結びコーナーです。女性が好みそうな、かわいい雰囲気です。

男石と女石が並んでいます。あわせて縁結び石といいます。

ハート型の絵馬

絵馬 本堂への参道

「○○君と結ばれますように」というような恋の願いが書かれたハート型の絵馬が、たくさん下げられています。

境内の中の道を奥へ進みます。向こうに本殿が見えてきます。

葛原岡神社の本殿と昇運の神龍

本殿 昇運の神龍

ここが葛原岡神社の本殿です。祭神の日野俊基がまつられています。

昇運の神龍です。もとは旧本殿に納められていたもので、120年もの間、祭神を守ってきました。

「俊基卿終焉の地」の碑

「俊基卿終焉の地」の碑

歴史発見:正中の変と元弘の乱

鎌倉時代も末期になると、土地や財産をめぐる争いが全国各地で発生するなど、制度疲労を起こしていました。そこで、後醍醐天皇は昔の天皇親政へもどそうと活動を始めたものの、1321年に発覚して首謀者が処分されました。 これを正中の変といいます。日野俊基も捕まりましたが、許されました。しかし、1331年、元弘の乱で再びつかまりました。 そして、「秋を待たで葛原岡に消える身の 露のうらみや 世に残るらん」と辞世の歌を詠み、その命は刑場の露と消えました。

鎌倉幕府の滅亡を目前に世を去った日野俊基の死を悼む碑が建てられています。

「銭洗弁財天と源氏山周辺」の観光コースガイドへ

「鎌倉 風の旅」のトップページへもどる「銭洗弁財天と源氏山周辺」の観光コースガイドのページへ

(c)このホームページのコンテンツは著作権法により保護されています。無断転載を禁じます。

【葛原岡神社の観光情報】

●正式名称

葛原岡神社(くずはらおかじんじゃ)

●主祭神

日野俊基(ひの としもと)

●ご利益

縁結び・学業成就

●創建年

1887(明治20)年

●住所

〒247-0063
鎌倉市梶原5-9-1

●電話

0467-45-9002

●拝観料

境内自由

●見学に要する時間

15分〜30分ほど。

●拝観時間

とくになし(お守りなどの授与所は9:00〜16:00)

●休日

とくになし

●駐車場

なし

●車いすによる拝観

やや困難


【葛原岡神社へのアクセス】

鎌倉駅西口下車、徒歩約1.8km。
または鎌倉駅からバスに乗り、「法務局前」下車、徒歩約1.4km。
※上り坂であり、鎌倉駅からは距離があるため、タクシーで行くことをお勧めします。


【花歴】

花歴:ミツマタ

ミツマタ◇3月上旬〜下旬

花歴:桜

桜◇3月末〜4月初め

花歴:カイドウ

カイドウ◇5月上旬前後

花歴:ツワブキ

ツワブキ◇10月中旬〜12月中旬

花歴:イチョウの黄葉

イチョウの黄葉◇11月中旬〜12月中旬

花歴:紅葉

紅葉◇11月下旬〜12月上旬

花歴:ツバキ

ツバキ◇12月下旬〜2月下旬

花歴:ボケ

サザンカ◇12月下旬〜3月中旬

※写真はイメージです。
※時期は年によって異なります。


【解説・葛原岡神社のご利益】
縁結び石

【近くにある観光名所・史跡】
銭洗弁財天
佐助稲荷神社
海蔵寺