鶴岡八幡宮を散策

正面入口付近

鶴岡八幡宮の橋 参道

若宮大路の段葛と呼ばれる桜並木の下を歩いていくと、鶴岡八幡宮へ至ります。

参道を奥へ向かって歩きます。

舞殿と神様のお使いの鳩

舞殿 鳩

境内で最初に着くのは、奉納舞や神楽などが行われる舞殿です。

舞殿の屋根に鳩が止まっています。鳩は八幡宮では、神様のお使いとされています。

大イチョウの跡

大イチョウの跡 大イチョウの跡の俯瞰

本殿への石段の左下には、かつて大きなイチョウの樹がありました。源公暁が源実朝を暗殺したとき、その陰に隠れていたという伝説もあり、神奈川県の天然記念物に指定されていましたが、 2010年3月10日未明、強風のために倒れてしまいました。

階段を少し上がって、上から見た大イチョウの跡です。左がもともとの大イチョウの跡。右は大イチョウの幹を切って植えたものです。 イチョウはさし木ができるので、このような再生の試みが行われました。

かつての大イチョウのメモリアル

大銀杏

左はかつての大イチョウです。幹回り6.8m、高さ約30m、樹齢約1000年の立派な木でした。


太い幹ごと地面に「さし木」した方からも、一時期、元気のよい枝や葉が伸びて、「もしかしたら」と期待させました。


しかし、それは幹の中にあった養分を吸ったもので、結局、根はつかず、枯れてしまいました。しかし、もともとの大イチョウの跡に挿し木した細い枝には根がつきました。将来、大きな木に成長する可能性は十分にあります。

本殿・宝物殿

本殿 宝物殿

石段の上には、鶴岡八幡宮の本殿がそびえています。

本殿の奥には宝物殿があります。料金がかかりますが、収蔵された文化財を見ることができます。

お守りの授与所・丸山稲荷社

授与所 丸山稲荷社

本殿の脇には、お守りなどの授与所があります。授与所は階段の下にもあります。

境内のさらに奥の方には、鶴岡八幡宮の境内摂社の丸山稲荷社が鎮座しています。

旗上弁財天社

旗上弁財天社 旗上弁財天社

入り口近くまでもどり、左右の池の方へ行ってみましょう。鎌倉駅を背にして、左は平家池。 右は源氏池といい、旗上弁財天社があります。

旗上弁財天社は、源頼朝が旗上げしたときに弁財天が現れて、霊験があったことから建てられました。明治時代に廃されましたが、1956年に古図をもとに再興されました。

牡丹園へ

牡丹園 ピンクの牡丹

源氏池のほとりには牡丹園があり、花の時期に公開されます。

こちらは、ピンクの牡丹。

さまざまな牡丹

赤紫の牡丹 薄い黄色の牡丹

赤紫の牡丹

薄い黄色の牡丹。色とりどりです。

石筍

石筍 石筍

牡丹園の出口付近には、石筍(せきじゅん)という石が立っています。1994年11月、中国江蘇省から贈られた、とのこと。

石筍はその模様から魚鱗石ともいい、竹とともに植えて筍に見立てて、石筍というそうです。

「鶴岡八幡宮から荏柄天神社まで」の観光コースガイドへ

「北鎌倉のお寺と神社」の観光コースガイドへ

「鎌倉 風の旅」のトップページへもどる「鶴岡八幡宮から荏柄天神社まで」の観光コースガイドのページへ「北鎌倉から鶴岡八幡宮へ」の観光コースガイドのページへ

(c)このホームページのコンテンツは著作権法により保護されています。無断転載を禁じます。

【鶴岡八幡宮の観光情報】

●正式名称

鶴岡八幡宮(つるがおかはちまんぐう)

●主祭神

応神天皇(おうじんてんのう)
神功皇后(じんぐうこうごう)
比売大神 (ひめおおかみ)
※この3神を八幡神、八幡三神といい、源氏の氏神とされます。神仏習合により、八幡大菩薩とも呼ばれます。

●ご利益

家内安全、無病息災、厄除け、心願成就、商売繁盛、縁結びなど全般

●創建年

1063年

●住所

〒248-8588
鎌倉市雪ノ下 2-1-31

●電話

0467-22-0315

●拝観料

境内無料

●見学に要する時間

30分〜1時間ほど。

●拝観時間

境内自由

●休日

年中無休

●駐車場

あり(21号線沿いの裏手)

●車いすによる拝観

可(正面から舞殿付近まで。介添え者がいれば、駐車場向かいの裏手の入口から入って、本殿へ行くこともできます。)


【鶴岡八幡宮へのアクセス】

JR鎌倉駅下車、徒歩約700m。
※土産物屋などが並んでいるので、のぞきながら歩いているうちに着きます。距離は気になりません。


【花歴】

花歴:河津桜

河津桜◇2月下旬〜3月上旬

花歴:桜

桜◇3月末〜4月初め

花歴:ツツジ・サツキ

ツツジ・サツキ
◇4月中旬〜5月下旬

花歴:牡丹

ボタン◇4月下旬〜5月中旬

花歴:藤

フジ◇4月下旬〜5月上旬

花歴:蓮

ハス◇7月上旬〜8月上旬

花歴:紅葉

紅葉◇11月下旬〜12月上旬

※写真はイメージです。
※時期は年によって異なります。


【解説・旗上弁財天のご利益】
(鶴岡八幡宮内)
子宝と安産の政子石

【近くにある観光名所・史跡】
大巧寺
宝戒寺
源頼朝の墓
北条高時腹切りやぐら
荏柄天神社
建長寺