西行 鶴岡八幡宮に正面から続く若宮大路に面して、段葛こ寿々というよい蕎麦屋があります。古い民家のような建物で、店内の雰囲気もよく、きちんと手打ちした風味のよい蕎麦を食べさせてくれます。 蕎麦は透明感があり、よい水があれば、つゆにつけず、水でも食べられるくらい上質です。ただし、量が少ないのが欠点。女性にはよいかと思いますが…。
さて、この店には名物の土産があります。わらび餅です。最近のわらび餅は、そのほとんどがジャガイモから採ったでんぷんを使った名ばかりのものですが、 この店ではわらびの根から採取した本物のわらび粉を使っています。そのほかに蓮根から採取した蓮粉も混ぜています。 おそらく、わらび粉だけ使うと噛みごたえがあり過ぎるので蓮粉で多少の柔らかみを加え、価格も抑えることができるという考えかと思われます。 蓮粉自体も貴重で蓮根餅もおいしいものですし、なにより蓮根餅よりもおいしいので、これは「ま、いいんじゃない」と思います。
職人は熱の伝わりがよい銅鍋を用いて、丹誠込めて練り上げます。こうしてできたわらび餅はすごいコシがありながら、なめらかで、口の中でプルンプルンのフルフルのクニュクニュに踊ります。それに黒蜜ときな粉をかけて食べます。
もともとはつゆの濃い蕎麦の口直しとして考えられたそうですが、今や本業の蕎麦以上に人気があるかもしれません。かなりスィーツにうるさい人でも、おいしいと言ってくれるのではないかと思います。
ただし、切れていない長方形の状態で箱詰めされており、これを普通に切ろうとすると、包丁にべったりまとわりついて、なかなか切れません。なので、まず最初にきな粉をかけてください。すると…、簡単に切れるんですよ! これぞ、「コロンブスのわらび餅」、いや、「コロンブスの卵」てなもんです。
なお、店の前に行列ができていることが多いですが、たいていは席について蕎麦を食す方々です。わらび餅は店先で売られていますから、店の人に声をかけて買っていきましょう。
鎌倉駅東口の駅ビル「EKIST」の1階にも入っているので、便利です。

お土産用のわらび餅

▲お土産用のわらび餅

わらび餅

▲わらび餅は、店内で食べることもできます。

★下のポイント名をクリックすると、地図の中央に表示されます。★

段葛 こ寿々  茶処 こ寿々  こ寿々駅ビル店

鎌倉 風の旅鎌倉のおみやげ

(c)このホームページのコンテンツは著作権法により保護されています。無断転載を禁じます。

【わらび餅】
保存:
秋〜冬:常温の涼しい場所で
春〜夏:冷蔵庫の野菜室で。
※冷蔵庫に入れるときは、野菜室でないと堅くなるので注意。
賞味期限:翌々日まで

鎌倉 風の旅 鎌倉のおみやげ

段葛 こ寿々

【住所】〒248-0006
鎌倉市小町2-13-4
【TEL】0467-25-6210
【営業時間】11:30〜18:30
【定休日】月曜日
(祝日の場合は翌日)

段葛こ寿々

▲伝統的な日本建築の段葛こ寿々

茶処 こ寿々

【住所】〒248-0014
鎌倉市由比ガ浜1-1-9
【TEL】0467-23-9351
【営業時間】11:00〜17:30
【定休日】無休
※茶処 こ寿々は、段葛こ寿々の姉妹店です。蕎麦屋ではなく、甘味処となっています。

段葛 こ寿々 鎌倉駅ビル内売り場

【住所】〒248-0006
鎌倉市小町1-1-1 エキスト鎌倉内
【営業時間】10:00〜20:00
【定休日】駅ビルの休日と同じ。
※JR鎌倉駅東口改札を出て、駅を背にすぐ右手のビルの1階です。