源頼朝 鳩サブレーは、鎌倉を代表するお菓子と言えるだろう。初代店主は、明治30年ごろ、当時は珍しかったビスケットと出会い、そのおいしさに驚いてつくり方の研究を重ね、とくにバターの配合にくふうを重ねて、最初の商品をつくり出したという。 さらに鶴岡八幡宮の本殿に掲げられている「八幡宮」の額の「八」の字が鳩をあしらったデザインになっていることから、鳩の形にすることを思いついたのだとか。
鳩は八幡宮の総本宮である大分県の宇佐八幡(宇佐神宮)でも、神の使いとされている。 鶴岡八幡宮は、平安時代に我が祖先、源頼義が京都の石清水八幡宮から神霊を分霊して招いたのが起源であるが、石清水八幡宮のもとは宇佐八幡だから、どこかでつながっているのだろう。
鳩サブレーの原材料は小麦粉、砂糖、バター、鶏卵、膨張剤。余計なものは入っていないので素朴な味わいだが、この場合の素朴とはほめ言葉である。飽きが来ないおいしさだ。
口に入れるとサクッとくだけて、ほのかなバターの香りが立ち上るのがいい。
ただし、困ったことがひとつだけある。それは頭から食べるか、しっぽから食べるかで悩むことだ。息子の実朝は「そのまま食べるか、割って食べるかで悩む」と言っていた。 しかし、そんなことで悩むのも、鳩サブレーがおいしいからこそ、だな。

鳩サブレー

▲鳩サブレー サクサクして香ばしい、鎌倉土産の定番です。

鳩サブレー3種類のパッケージ

▲一番お手軽な5枚入りには、3種類のパッケージがあります。左は本店だけのオリジナル。黄色がスタンダード。右のピンクも中身は同じです。

★下のポイント名をクリックすると、地図の中央に表示されます。★

本店  扉店  長谷大仏前店  北鎌倉駅前店   梶原店  逗子店

鎌倉 風の旅鎌倉のおみやげ

(c)このホームページのコンテンツは著作権法により保護されています。無断転載を禁じます。

【鳩サブレー】
保存:常温で保存可(高温多湿は避ける。)
賞味期限:約1ヶ月
※遠方への土産物としても好適です。

鎌倉 風の旅 鎌倉のおみやげ

豊島屋

●本店

【住所】〒248-0006
鎌倉市小町2-11-19
【TEL】0467-25-0810
【営業時間】9:00〜19:00
【定休日】水曜日

豊島屋本店

▲豊島屋本店

●扉店

【住所】〒248-0006
鎌倉市小町1-6-20
【TEL】0467-25-0505
【営業時間】9:00〜19:00
【定休日】月曜日

●長谷大仏前店

【住所】〒248-0016
鎌倉市長谷3-1-6
【TEL】0467-23-7788
【営業時間】9:00〜17:00
【定休日】年中無休

●北鎌倉駅前店

【住所】〒247-0062
鎌倉市山ノ内510-5
【TEL】0467-23-8108
【営業時間】9:00〜17:00
【定休日】水曜日

豊島屋北鎌倉駅前店

▲豊島屋北鎌倉駅前店

●梶原店

【住所】〒247-0063
鎌倉市梶原4-1-1
【TEL】0467-47-0552
【営業時間】9:00〜17:00
【定休日】水曜日

●逗子店

【住所】〒249-0006
逗子市逗子1-9-26
【TEL】046-872-0810
【営業時間】9:00〜17:00
【定休日】水曜日