北条政子 鎌倉半月をご存知の方は、かなり多いと思います。東京や横浜のデパート、羽田空港などでも売られていていますから。しかし、鎌倉の本店で買えば、うれしさが2段も3段も上がるというものです。
味は小倉味と抹茶味の2種類があります。香ばしく焼かれた半月型の薄い生地は、和風でもあり、洋風でもあるような…。 間に甘いクリームがはさんであります。口に入れると生地はパリッとくだけて、クリームがふわっとあふれてきます。 一度食べた人がまた頂いたときは「あ、あのおいしいヤツだ!」とうれしくなる、そんなおいしさです。
表面にはうさぎの模様が浮き彫りにされているのも、楽しいです。ごま味のごま半月という姉妹品もあり、ごま好きにはたまらないおいしさです。
なぜ、満月にしなかったのかと言えば、おそらく持ちやすさや食べやすさまでよく考えた末にたどりついた形かと思います。しかし、お店によると、遊び心たっぷりに次のようなお話となっています。

昔々、白うさぎは耳が小さく、目が黒かったんじゃ。月の神様の「おつかい」の白うさぎのが2匹、餅をつくのが見えるじゃろ。
神様は、里人の声をよぉく聞き届けられるように白うさぎの耳を長ぁくされたのそうじゃ。白うさぎの目が赤いのは、長ぁい耳で里人の悩みを聞き届け、ついもらい泣きするからじゃ。
泣くのが見えては恥ずかしかろと、神様はその姿が隠れる様に半月にしてあげたのじゃ。

もうひとつ鎌倉五郎本店でおすすめなのは、麦田もち。白もちはさらし餡、よもぎもちは粒餡。はったい粉という大麦を煎って粉にしたものがふりかけてあり、きな粉とは違った香ばしい風味があります。
麦田もちは日保ちしないので、すぐに渡せる人のためのお土産にしましょう。1個から買えるので、買い食い歩きもお勧めです。お行儀悪ですけど、それがまたいいのです。
鎌倉五郎本店には見た目もきれいでリーズナブルなお菓子が、たくさんあります。職場などおおぜいに配るのに便利な、小さめで数が多いお菓子もありますから、寄ってみるといいですよ。

鎌倉半月

▲鎌倉半月とごま半月 サクサクした生地の間から、「こんなに薄いのに、どこに入っていたの?」と驚くくらい、たっぷりのクリームがあふれ出します。

麦田もち

▲麦の香りが香ばしい、あんこ入りのおもちです。これは食べ歩き用ですが、箱入りのお土産用も売られています。

鎌倉 風の旅鎌倉のおみやげ

(c)このホームページのコンテンツは著作権法により保護されています。無断転載を禁じます。

【鎌倉半月】
保存:常温で保存可(高温多湿は避ける。)
賞味期限:2ヶ月
※遠方への土産物としても好適です。

【麦田もち】
保存:常温で保存(高温多湿は避ける。)
賞味期限:翌日まで。

鎌倉 風の旅 鎌倉のおみやげ

鎌倉五郎本店

【住所】〒248-0006
鎌倉市小町2-9-2
【TEL】0467-24-4433
【営業時間】10:00〜19:00
【定休日】無休

鎌倉五郎本店

▲鎌倉五郎本店