北条時宗 鎌倉には1軒、大量生産をせずに、材料の大豆と水にこだわる納豆専門店があります。鎌倉山納豆です。たとえば一番人気の「鎌倉山納豆 極小粒」では、国内最高級品である茨城県産の小粒大豆だけを使っています。
茨城県の水戸納豆が納豆の代名詞になった要因のひとつとして、風土の条件がありました。那珂川周辺などでは台風が来るたびに洪水の被害を受けてしまうため、台風が来る前に収穫できる早生の小粒大豆を栽培していました。 それは決して高級品ではなく、むしろ低級品とされていました。しかし、戦後の材料不足の時代に常陸太田市の水府納豆というメーカーが小粒大豆を使ってみたところ、小粒の方がご飯に合うせいか、人気が出てしまったと、水府納豆では発表しています。
ただし、文献こそ遺されていませんが、流通の発達していない時代に地場の材料を使わないとは考えにくいので、古くから地元の農家ではわらに付着している納豆菌を利用して、小粒大豆で大量に納豆をつくり、干して保存食糧にしていたのだろうと推測されます。
さて、今日では茨城県の納豆メーカーでさえ、茨城県産の大豆はあまり使わず、アメリカ産を使うことが多いのに、神奈川県の納豆メーカーなのに茨城県産にこだわる鎌倉山納豆はエライと思いませんか?
もちろん豆が違えば味も違ってきますから、鎌倉山納豆では多くの種類の大豆を使い分けて、さまざまな納豆を製造販売しています。
納豆というのは、おみやげとしてはかなりの変化球だと思います。しかし、納豆好きな人ならきっと喜んでくれるでしょう。

納豆ショーケース

▲売り場には、いろいろな種類の納豆が並んでいます。

極小粒

▲左の写真の右端「鎌倉山納豆極小粒」を開けてみたところです。量はスーパーの納豆の1回分の2倍近い量。味は醤油をかけずに食べれるほど、上々です。

★下のポイント名をクリックすると、地図の中央に表示されます。★

本店  小町店

鎌倉 風の旅鎌倉のおみやげ

(c)このホームページのコンテンツは著作権法により保護されています。無断転載を禁じます。

【納豆】
保存:要冷蔵(お店で保冷剤を入れてくれます。)
賞味期限:1週間ほど

鎌倉 風の旅 鎌倉のおみやげ

鎌倉山納豆

●本店

【住所】〒248-0033
鎌倉市腰越4-10-8
【TEL】0120-07-2632
【営業時間】月〜土 10:30〜17:30
日・祝 10:30〜17:30
【定休日】無休

●小町店

【住所】〒248-0006
鎌倉市小町2-9-7
【TEL】0467-60-4832
【営業時間】月〜金 10:00〜17:30
土・日・祝 10:00〜18:00
【定休日】無休

鎌倉山納豆小町店

▲小町店