阿仏尼 社頭は小町通りある小さな和紙専門店です。店名は「しゃとう」と読みます。鶴岡八幡宮に近いことから、名付けたそうです。 創業者は高木京子さんという女性です。旦那さまは詩人で、文人画や書道をたしなんでおられましたが、「鎌倉にはよい紙がない」とよくこぼしておられたので、亡くなった1970(昭和45)年に和紙の専門店を開くことにしたそうです。
高木さんは全国各地の和紙の産地へ足を運び、職人さんの話を聞いて和紙の知識を蓄え、「紙の質を落とさないように」という姿勢を貫いて、和紙専門店として高い信頼を得るに至りました。今では代替わりされましたが、店構えは小さいながら、全国有数の和紙専門店となっています。

店頭と店内には、友禅、ちりめん、型染など、鮮やかな色合いの千代紙が所狭しと並んでいます。書道や版画の用紙、墨絵に使う民芸紙まで置いてあります。専門家向きの紙はもちろん、折り紙や慶弔用の金封もあり、高校生が気軽に買って使えるようなレターセットやカードの品揃えも豊富です。

社頭の和紙や小物は、鎌倉のお土産という雰囲気がたっぷり。一筆箋や付箋などは安価なので、気軽に配れるお土産となります。
最近は外人のお客さまも多くなり、外国からの注文もあるそうです。

和紙の小物

▲店先にはかわいい飾りや小物がたくさん展示してあります。

社頭の御朱印帳

▲御朱印帳を買ってきました。お寺や神社で印を打ってもらう御朱印集めも、楽しくなります。

鎌倉 風の旅鎌倉のおみやげ

(c)このホームページのコンテンツは著作権法により保護されています。無断転載を禁じます。

【和紙と和紙小物】
用途:記念品、部屋の飾り、文房具、習字・墨絵・お茶・お花用など

鎌倉 風の旅 鎌倉のおみやげ

社頭

【住所】〒248-0006
鎌倉市小町2-7-26
【TEL】0467-22-2601
【営業時間】10:00〜18:00
【定休日】8月31日/荒天時

陽雅堂

▲社頭
小町通りに面した、雰囲気のある古い店です。