余白

鎌倉幕府を築いた源氏の棟梁が眠る場所

源頼朝の墓と白旗神社頼朝は、1198年12月27日、相模川にかけた橋の落慶式(開通式)に臨みました。 しかし、馬が暴れて相模川に入ってけがをしたか落馬したかで、翌1199年1月13日、53歳(満51歳)でこの世を去りました。
※橋は、妻の政子の妹の夫である稲毛三郎重成が、亡き妻の供養として相模川にかけたものですが、だれかが頼朝を罠にはめたという暗殺説もあります。
遺体は、頼朝が守り本尊を安置するためにつくった持仏堂に葬られました。持仏堂は法華堂と呼ばれるようになり、やがて忘れられていきました。
しかし、江戸時代中期の安永年間、鶴岡荘厳院の僧が勝長寿院跡から石の塔を運んできました。
さらに薩摩藩主・島津重豪(しげひで)が、1778年、島津氏の祖先の島津忠久の墓をつくる際、いっしょに頼朝の墓も整備しました。島津忠久の母は、源頼朝の乳母だったからです。
明治時代になって、源頼朝を祭神とする白旗神社が創建されました。白旗の名は、源氏の軍旗である白旗に由来しています。

源頼朝の墓と白旗神社源頼朝は、1198年12月27日、相模川にかけた橋の落慶式(開通式)に臨みました。 しかし、馬が暴れて相模川に入ってけがをしたとか、落馬したとか伝えられ、翌1199年1月13日、この世を去りました。
明治時代になって、源頼朝を祭神とする白旗神社が創建されました。白旗の名は、源氏の軍旗である白旗に由来しています。

【この観光名所を含む観光コース】

「鶴岡八幡宮から荏柄天神社まで」の観光コースガイドへ

▼地図は一番下にあります。

★料金・時間・休日などについては変更されることがあります。必ず公式HPまたは自治体のサイトで確認してください。
★入場・入館時間は、多くの場合、終了30分前までです。
★アクセス方法については、比較的わかりやすいものを掲載しています。ほかにもルートがある場合があります。

源頼朝の墓への入り口と白旗神社

源頼朝の墓への入り口ここが源頼朝の墓への入り口です。鎌倉の歴史上の最重要人物らしく、目立つように旗が立てられています。と言っても、秀吉や家康に比べれば、ささやかなものです。

歌碑歌碑には「君出でて 民もしづまり 九重の塵も おさまる世とはなりけり」と書かれています。歌は明治時代から昭和時代にかけての歴史学者、大森金五郎の作です。

白旗神社の社殿

白旗神社左手に白旗神社があります。

白旗明神狛犬が左右に配置され、社殿を守っています。

源頼朝の墓へ

源頼朝の墓への石段源頼朝の墓へは、大倉山の南につくられた50数段の石段を上ります。墓は緑の樹々を背景として、静かにたたずんでいます。

源頼朝は墓の下に眠っているの?

法華堂跡(現在の白旗神社)と源頼朝の墓は、1927年、それぞれ国の史跡に指定されました。その後、文化庁では調査の結果から法華堂と源頼朝の墓は同じものだった可能性が高いと判断し、範囲を少し広げて、2000年1月31日付官報で「法華堂跡(源頼朝墓)」とすることを発表しています。
もしかしたら墓は単なる「記念碑」であり、源頼朝は法華堂跡すなわち白旗神社の地下に眠っているのかもしれません。

「鶴岡八幡宮から荏柄天神社まで」の観光コースガイドへ

このページの名所:源頼朝の墓  
近隣の名所:鶴岡八幡宮  宝戒寺  北条高時腹切りやぐら  大蔵幕府跡の碑  若宮大路&段葛  小町通り  荏柄天神社  

風の旅TOP(全国)
鎌倉観光風の旅
余白

【源頼朝の墓と白旗神社の観光情報】

●正式名称

源頼朝の墓(みなもとのよりとものはか)
白旗神社(しらはたじんじゃ)
※鶴岡八幡宮内にも同じ白旗神社という名の神社がありますが、別のものです。

●白旗神社の主祭神

白旗明神(源頼朝)

●ご利益

必勝祈願・出世運アップ

●創建年

1872年

●住所

〒248-0004
鎌倉市西御門2-1

●電話

0467-23-3050(鎌倉市観光協会)

●拝観料

境内無料

●見学に要する時間

15分〜20分ほど。

●拝観時間

境内自由/墓所自由

●休日

とくになし

●駐車場

なし

●車いすによる拝観

困難


【源頼朝の墓と白旗神社へのアクセス】

JR鎌倉駅下車、徒歩約1.6km。


【近隣のおもな名所】
鶴岡八幡宮
宝戒寺
荏柄天神社

風の旅 鎌倉観光風の旅

Copyright © 「鎌倉観光 風の旅」 All Rights Reserved.