余白

鎌倉で最も古い歴史のあるお寺

杉本寺杉本寺は坂東三十三観音の第1番札所です。別名を杉本観音ともいいます。奈良の大仏づくりに協力した僧、行基がお堂を建てて、自作の十一面観音像を安置したのに始まるとされています。
創建は、奈良時代の734(天平6)年。長谷寺の縁起よりも2年早く、鎌倉で最も古いお寺です。
行基のあとには円仁が、円仁のあとには源信(恵心僧都)が、それぞれ十一面観音像を彫って安置しています。日本史好きなら名前を知っているような名僧が3人も十一面観音像を彫った、というのは稀なことです。
杉本寺の名は、1189年の大火の際、本尊の十一面観音像を救い出そうとした僧が猛火の中、衣をわずかに焦がしただけで火傷ひとつ負わず、また3体の本尊が自ら歩いて杉の木の下に避難したことからつけられたと伝えられています。

杉本寺杉本寺は坂東三十三観音の第1番札所です。別名を杉本観音ともいいます。奈良の大仏づくりに協力した僧、行基がお堂を建てて、自作の十一面観音像を安置したのに始まるとされています。
創建は、奈良時代の734(天平6)年。長谷寺の縁起よりも2年早く、鎌倉で最も古いお寺です。

【この観光名所を含む観光コース】

「金沢街道沿いの美しい3つのお寺」の観光コースガイドへ

【隣接する観光コース】

「鶴岡八幡宮から荏柄天神社まで」の観光コースガイドへ
「十二所:御家人ゆかりの史跡と朝比奈切通し」の観光コースガイドへ

▼地図は一番下にあります。

★料金・時間・休日などについては変更されることがあります。必ず公式HPまたは自治体のサイトで確認してください。
★入場・入館時間は、多くの場合、終了30分前までです。
★アクセス方法については、比較的わかりやすいものを掲載しています。ほかにもルートがある場合があります。

緑におおわれた階段を上る

杉本寺の階段「杉本観音」のバス停を降りると、杉本寺は目の前です。いきなり長い階段が続いています。

大蔵弁財天仁王門の右の道の先にある大蔵弁財天堂。

苔の階段長い歴史を感じさせる苔の階段。

観音堂・閼伽水(あかみず)

観音堂樹木が茂る石段を上がると観音堂があり、古色ゆかしい雰囲気がただよっています。かやぶきの素朴なつくりで、はるか昔の姿をとどめているようです。この中に3体の十一面観音像が安置されています。

閼伽水お清めのための閼伽水です。閼伽とは古代インドの言葉で水を意味し、西洋に伝わってAqua(アクア)になったと言われています。

3体の十一面観音像

十一面観音像向かって左は平安時代の素朴なつくりです。次に説明するように、覆面をかぶっています(伝、行基作)。
中央は鎌倉初期のもので、国の重要文化財です(伝、円仁作)。
向かって右は鎌倉時代後期の作で、これも国の重要文化財です(伝、源信作)。

覆面をかぶった観音像

行基作と伝えられる十一面観音にはジンクスのようなものがありました。この像を安置する本堂前で馬を乗り回すと、落馬すると言うのです。しかし、高僧の蘭渓道隆(らんけいどうりゅう)が観音像を袈裟でおおったところ、落馬する者がいなくなったそうです。
それ以来、像にはおおいがかけられ、覆面観音と呼ばれています。

お地蔵様・五輪塔群

お地蔵様杉本寺のお地蔵様は、鎌倉二十四ヶ所地蔵尊巡礼の第4番となっています。地蔵菩薩は、弥勒菩薩が如来として姿を現すまでの間、人々を救済してくれる、とされています。

五輪塔群死者を供養する五輪塔がたくさん集まっています。五輪塔とは、古代インドにおいて宇宙の構成要素と考えられた5つの要素「地水火風空」を、下から地輪、水輪、火輪、風輪、空輪として、積み上げたものです。

権現堂・鐘楼

権現堂こちらは権現堂。白山と熊野三山の熊野神の神霊を分霊して招いて、まつったものです。

鐘楼鐘楼は、初夏から秋にかけて、緑に包まれています。大晦日には除夜の鐘をつくことができます。

【この観光名所を含む観光コース】

「金沢街道沿いの美しい3つのお寺」の観光コースガイドへ

【隣接する観光コース】

「鶴岡八幡宮から荏柄天神社まで」の観光コースガイドへ
「十二所:御家人ゆかりの史跡と朝比奈切通し」の観光コースガイドへ

★下のポイント名をクリックすると、地図の中央に表示されます。★

このページの名所:杉本寺  
近隣の名所:報国寺  浄妙寺  荏柄天神社  鎌倉宮(大塔宮)  覚園寺  瑞泉寺  明王院  光触寺  十二所神社  梶原太刀洗の水  朝比奈切通し(入り口の石碑)  

風の旅TOP(全国)
鎌倉観光風の旅
余白

【杉本寺の観光情報】

●正式名称

杉本寺(すぎもとでら)

●別称・通称

杉本観音

●宗派

天台宗

●山号

大蔵山

●寺格

坂東三十三箇所の第1番札所
鎌倉三十三箇所の第1番札所

●開基

●開山

行基(ぎょうき)

●創建年

734(天平6)年

●本尊

十一面観音(3体)

●住所

〒248-0002
鎌倉市二階堂903

●電話

0467-22-3463

●拝観料

大人200円(中学生以上)
小学生100円

●見学に要する時間

20分〜50分ほど。

●拝観時間

8:00〜16:30
※原則として、閉門の30分前までに入場してください。

●休日

年中無休

●駐車場

なし

●車いすによる拝観

困難


【杉本寺へのアクセス】

鎌倉駅東口5番のバス停から「金沢八景駅」行き、または「鎌倉霊園正門前大刀洗」行きに乗り、「杉本観音」で下車。徒歩すぐ。


【近隣のおもな名所】
報国寺
浄妙寺

風の旅 鎌倉観光風の旅

Copyright © 「鎌倉観光 風の旅」 All Rights Reserved.