余白

源氏と鎌倉のつながりの始まり

由比若宮平安時代末期、朝廷から陸奥の豪族、安倍頼時・貞任征討の命を受けた源頼義は、京の石清水八幡宮に参拝して戦勝を祈願し、勝利を収めて鎌倉に凱旋しました。
そして、1063(康平6)年8月、石清水八幡宮の神霊を分霊して招き、由比郷に社殿を建てて、源氏の氏神としました。
その源頼義から5代目の子孫にあたる源頼朝は、1180(治承4)年10月6日、先祖ゆかりの地である鎌倉に入ると、翌日、この社殿に参詣し、12日に小林郷北山(現在の鶴岡八幡宮の場所)に社殿を遷しました。
そして、新しい社殿は、旧社殿の所在地の名をとって鶴岡八幡新宮若宮(つるがおかはちまんいまみやわかみや)と呼ばれ、旧社殿は下若宮(しものわかみや)あるいは元八幡と呼ばれるようになりました。
由比若宮は、いわば源氏と鎌倉の始まりの記念碑的な存在と言える神社です。

由比若宮平安時代末期、源頼義は、陸奥の豪族、安倍頼時・貞任を討つにあたって、京の石清水八幡宮に参拝して戦勝を祈願し、勝って鎌倉に凱旋しました。
そして、石清水八幡宮の神霊を招き、由比郷に社殿を建てて、源氏の氏神としました。
その源頼義から5代目の子孫にあたる源頼朝は、鎌倉に入ると、現在の鶴岡八幡宮の場所に社殿を遷しました。
そして、旧社殿は元八幡と呼ばれるようになりました。
由比若宮は、いわば源氏と鎌倉の始まりの記念碑的な存在と言える神社です。

【この観光名所を含む観光コース】

材木座:潮香る庶民の街のお寺と神社

【隣接する観光コース】

渋い魅力の大町のお寺と神社

▼地図は一番下にあります。

★料金・時間・休日などについては変更されることがあります。必ず公式HPまたは自治体のサイトで確認してください。
★入場・入館時間は、多くの場合、終了30分前までです。
★アクセス方法については、比較的わかりやすいものを掲載しています。ほかにもルートがある場合があります。

由比若宮の参道入り口と鳥居前

由比若宮の参道入り口「元八幡」バス停の向かい側から、由比若宮への参道に入ります。

鳥居前少し歩くと、由比若宮が見えてきます。

手水舎・本殿

手水舎小さい神社ながら、身を清めるための手水舎があります。ここで手だけでも清めます。

本殿由比若宮の本殿です。源氏と鎌倉とのかかわりの初源にさかのぼります。

由比若宮の境内

イチョウ境内には、鶴岡八幡宮と同じように、イチョウの樹が立っています。

源氏と鎌倉の縁の始まり

平安時代後期の1028年6月、房総三カ国(上総国、下総国、安房国)で平忠常が乱を起こしました。源頼義はこれを鎮めて、同年10月に相模守となり、鎌倉に領地を持っていた平直方の娘を娶り、屋敷を譲り受けて本拠地としました。 鎌倉に八幡神をまつったのは、そのためです。これ以降、鎌倉を足がかりとして、源氏は東国に勢力を広げて行くことになります。

【この観光名所を含む観光コース】

材木座:潮香る庶民の街のお寺と神社

【隣接する観光コース】

渋い魅力の大町のお寺と神社

★下のポイント名をクリックすると、地図の中央に表示されます。★
隣接する「渋い魅力の大町のお寺と神社」の中から一部を表示しています。

このページの名所:長勝寺  
「潮香る庶民の街のお寺と神社」の名所:来迎寺  五所神社  実相寺  九品寺  補陀落寺  光明寺  和賀江島  由比若宮(元八幡)  

風の旅TOP(全国)
鎌倉観光風の旅
余白

【由比若宮の観光情報】

●正式名称

由比若宮(ゆいわかみや)

●別称

元八幡(もとはちまん)
元鶴岡八幡宮

●主祭神

八幡神(やはたのかみ、はちまんじん)

●ご利益

出世昇進祈願、勝利祈願

●創建年

1063年

●住所

〒248-0013
鎌倉市材木座1-7

●電話

なし

●拝観料

境内自由

●見学に要する時間

5分〜10分ほど。

●拝観時間

とくになし

●休日

とくになし

●駐車場

なし

●車いすによる拝観

可。

【アクセス】

最も近い「元八幡」のバス停には、鎌倉駅を出発したバスは、海岸方面を大回りをした帰りにしか停まりません。そこで、本サイトでは「材木座:潮香る庶民の街のお寺と神社」にて、材木座の光明寺などを観光して、帰りに立ち寄ることを推奨しています。
直接行く場合は、JR「鎌倉」駅東口7番のバス停から「九品寺循環」のバスに乗り、「病院前」で下車して200m。ただし、本数が少ないのが難点。


【近隣の名所】
安国論寺
妙法寺
長勝寺
光明寺

風の旅 鎌倉観光風の旅

Copyright © 「鎌倉観光 風の旅」 All Rights Reserved.