余白

▼地図は一番下にあります。

★料金・時間・休日などについては変更されることがあります。必ず公式HPまたは自治体のサイトで確認してください。
★入場・入館時間は、多くの場合、終了30分前までです。
★エリア的に併せてめぐりやすい観光ポイントをまとめてありますので、チョイスしてください。また、めぐる順番はお好みで入れ替えてください。
★アクセス方法については、比較的わかりやすいものを掲載しています。ほかにもルートがある場合があります。

めざす大学・高校へ!

源実朝天神様と言えば、平安時代の学者で歌人でもあった菅原道真公を指します。政治家としても右大臣まで上られました。それが藤原氏には面白くなかったようで、藤原時平の讒言(悪口)により大宰府(現在の福岡県太宰府市)に流されて、都を懐かしみながら亡くなりました。
菅原道真公の没後、藤原時平が若くして病死し、朝廷の清涼殿に雷が落ちて策謀にかかわったとされる藤原清貫(きよつら)などが死傷し、災害や疫病の流行が続いたため、雷神と結びついたようです。そして、京都に北野天満宮が建てられ、神としてまつられるようになりました。
鎌倉の荏柄天神社は、1104(長治元)年、晴れていた空が一転にわかにかき曇り、雷がゴロゴロと鳴って、黒い束帯姿の天神画像が降ってきたので、人々が恐れおののいてまつったのに始まるとされております。
さて、菅原道真公が学問の神様とされるようになったのは、江戸時代からのようです。当時の寺子屋には天神様の絵が貼ってあり、子どもたちはその絵を見ながら読み書きそろばんを習っていました。 今では学問の神様として、すっかりおなじみになり、地元の人はもちろん、全国から受験をする児童生徒とご家族・ご親族の参拝が絶えません。境内には合格祈願の絵馬が鈴なりとなっています。
祈祷も受けつけてもらえますから、強く合格を願う方は申し込むとよいでしょう。

源実朝天神様と言えば、平安時代の学者で歌人でもあった菅原道真公を指します。政治家としても右大臣まで上られました。それが藤原氏には面白くなかったようで、藤原時平の讒言(悪口)により大宰府(現在の福岡県太宰府市)に流されて、都を懐かしみながら亡くなりました。
菅原道真公の没後、藤原時平が若くして病死し、朝廷の清涼殿に雷が落ちて策謀にかかわったとされる藤原清貫(きよつら)などが死傷し、災害や疫病の流行が続いたため、雷神と結びついたようです。
鎌倉の荏柄天神社は、1104(長治元)年、晴れていた空が一転にわかにかき曇り、雷がゴロゴロと鳴って、黒い束帯姿の天神画像が降ってきたので、人々が恐れおののいてまつったのに始まるとされております。 今では学問の神様として、すっかりおなじみになり、地元の人はもちろん、全国から受験をする児童生徒とご家族・ご親族の参拝が絶えません。境内には合格祈願の絵馬が鈴なりとなっています。
祈祷も受けつけてもらえますから、強く合格を願う方は申し込むとよいでしょう。

【荏柄天神社について、もっとくわしく知る】荏柄天神社
【このスポットを含む観光コース】鎌倉中心部:鶴岡八幡宮から荏柄天神社まで

余白

受験する本人でも、家族・友人・知人でも!

荏柄天神社への参拝▲荏柄天神社への参拝 受験生はもちろん、家族の方がたくさん来られます。

荏柄天神社の絵馬▲荏柄天神社の絵馬 絵馬には合格祈願用とお礼用の2種類があります。

荏柄天神社のお守り▲荏柄天神社のお守り こちらはスタンダードなお守りです。

梅守り▲梅守り 天神様といえば梅なので、かわいい梅守りも人気があります。

荏柄天神社のおみくじ▲荏柄天神社のおみくじ 神社の楽しみといえば、おみくじです。引くときは、おそるおそるですけど…。

荏柄天神社の祈祷案内▲祈祷案内 受験も最後は神頼みですね!

★下のポイント名をクリックすると、地図の中央に表示されます。★

このページの名所:荏柄天神社(受験合格、学問の神様)  
その他のご利益ポイント: 成就院(縁結び不動明王)  長谷寺(福運をもたらす大黒天)  葛原岡神社(縁結び石・魔去ル石)  佐助稲荷神社(出世運・仕事運アップ!)  銭洗弁財天(金運アップ!)  建長寺(病を癒すおびんづるさま)  鶴岡八幡宮(子宝に恵まれる政子石 ※境内社の旗上弁財天の中)  大巧寺(安産のおんめさま)  鎌倉宮(なで身代わり様・厄割り石)  

風の旅TOP(全国)
鎌倉観光風の旅
鎌倉のご利益さん

余白

【観光情報】

●正式名称

荏柄天神社(えがらてんじんしゃ)

●主祭神

菅原道真(すがわらのみちざね)

●ご利益

学業成就、受験合格

●創建年

1104(長治元)年

●住所

〒248-0002
鎌倉市二階堂74

●電話

0467-25-1772

●拝観料

境内無料

●見学に要する時間

10分〜15分ほど

●拝観時間

8:30〜16:30

●休日

年中無休

●駐車場

なし(鎌倉宮横の市営駐車場を利用してください。)

●車いすによる拝観

困難(入り口に長い階段があるため。)


【アクセス】

JR鎌倉駅の4番のバス停から「大塔宮行き」に乗り、「天神前」下車、徒歩約100m。
※JR鎌倉駅からは約1.7kmありますが、健脚の方なら、途中、鶴岡八幡宮や宝戒寺などを見ながらまわることも十分可能です。


【近隣のおもな名所】
鶴岡八幡宮
宝戒寺
源頼朝の墓
鎌倉宮

風の旅 鎌倉観光風の旅 鎌倉のご利益さん