余白

黒糖の風味が残る独特の小豆餡

北条時頼鎌倉大仏や長谷寺がある長谷は、鎌倉の人気観光エリアのひとつですが、ここには恵比寿屋という昔から有名な饅頭屋があります。飾り気のない庶民的な店で、菓子類も昔風の趣きでございます。
店の前ののれんや立て看板には、「古代黒餡女夫満ぢう」と「古代」がついております。この「古代」がちょっと恐ろし気で興味をそそりますな。
あんこは北海道十勝の小豆を朝から煮込み、手を抜かずに練り上げた自家製です。豆のおいしさが引き出され、本当においしい。甘味づけには、本場大島の黒糖が使われています。おそらくは精製した白砂糖がなかった時代の名残りでございましょう。黒糖独特の淡い苦味があるので、そこは好みがあるかもしれません。
電子レンジでチンすると、お酒のよい香りがふわっと立ち、よりおいしく食べられます。
恵比寿屋では、ほかに大佛観音煎餅も知られています。高徳院の鎌倉大仏と長谷寺の十一面観世音菩薩立像をかたどった煎餅で、1922(大正11)年に全国菓子大博覧会名誉金賞を受賞し、1950(昭和25)年に神奈川県指定銘菓になりました。
昔を思わせるものに出会ったときに「昭和の香りがする」と言いますけど、昭和どころか大正の香りがするでございますな。
大佛観音煎餅は1枚ずつていねいに手焼きされており、口に入れると素朴な味わいが広がります。
今の人の口に合うかどうかはビミョーだと思いますが、お年寄りには懐かしがられるでしょう。
店は長谷観音前の交差点にあるので、すぐわかります。

北条時頼鎌倉大仏や長谷寺がある長谷には、恵比寿屋という昔から有名な饅頭屋があります。飾り気のない庶民的な店です。
店の前ののれんや立て看板には、「古代黒餡女夫満ぢう」と「古代」がついております。この「古代」がちょっと恐ろし気で興味をそそりますな。
あんこは北海道十勝の小豆を朝から煮込んだ自家製です。甘味づけには、本場大島の黒糖が使われています。黒糖独特の淡い苦味があるので、そこは好みがあるかもしれません。
電子レンジでチンすると、お酒のよい香りがふわっと立ち、よりおいしく食べられます。
恵比寿屋では、ほかに大佛観音煎餅も知られています。1922(大正11)年に全国菓子大博覧会名誉金賞を受賞しました。
昔を思わせるものに出会ったときに「昭和の香りがする」と言いますけど、昭和どころか大正の香りがするでございますな。
今の人の口に合うかどうかはビミョーだと思いますが、お年寄りには懐かしがられるでしょう。

余白

昔ながらの味を保って

黒餡女夫満ぢう▲黒餡女夫満ぢう(右) 小豆のおいしさと黒糖の渋みがマッチしています。左は春の時期につくられる草餅です。

大佛観音煎餅▲大佛観音煎餅 高徳院の鎌倉大仏と長谷寺の十一面観世音菩薩立像の2枚セットです。

風の旅TOP(全国)
鎌倉観光風の旅

鎌倉のお土産

余白

黒餡女夫満ぢう

保存:常温で保存可(高温多湿は避ける。)
賞味期限:約1ヶ月
※遠方への土産物としても好適です。

恵比寿屋

【住所】〒248-0016
鎌倉市長谷2-14-26
【TEL】0467-22-0231
【営業時間】
3月〜11月 8:30〜19:00
12月〜2月 8:30〜18:30
【定休日】木曜日
(祝日の場合は前日)

恵比寿屋

▲恵比寿屋

【近隣のおもな名所】
鎌倉大仏
長谷寺
光則寺
成就院

風の旅 鎌倉観光風の旅 鎌倉のおみやげ