「鎌倉観光 風の旅」について

数ある鎌倉サイトの中から、「鎌倉観光 風の旅」を訪問して頂き、ありがとうございます。このサイトを立ち上げたのは、2013年のゴールデンウィーク頃。私は「京都観光街めぐり」というサイトを運営しており、その姉妹編として「鎌倉観光風の旅」をつくりました。
「京都光街めぐり」は、パソコンが普及してウェブサイトの利用者が増えてきたころ、「ウェブの情報発信って、どんなものなのだろう?」という好奇心から始めたものです。
別に「京都」でなくてもよかったのですが、そのころ仕事で京都によく行っていたので。
「京都」で、サイト運営の面白さを知りましたので、「次は鎌倉でやってみたい」という思いは、かなり前からありました。
私にとって、鎌倉は地元です。電車に乗ればすぐなので、サイトをつくることを口実にして、仕事の気晴らしにぶらぶら歩いていました。
とはいえ、この規模のサイトを制作する作業は、ホントに大変です。「やろう」と思いつつ、3、4年が過ぎました。
やがてパソコンの中には大量の写真が蓄積され、「やらねば」という思いがプレッシャーになってきたので、仕事が比較的手隙な時期に思い切って着手し、一気につくり上げました。

サイト開設後もいろいろなことがありました。鶴岡八幡宮の大イチョウが大風で倒れたこともありますし、私自身が大病で倒れたこともあります。本当なら今頃この世にいなくても不思議はないのですが、なぜか生きています。資料を探していて、後ろでパタンと音がして、本を拾い上げるとまさにそのページ…なんてことは、昔からよくありますが、何か大きな力が、それも複数、私を支えてくれているような気がしています。

若かった頃は、神社の神様なども、平均的な日本人並みにパンパンと柏手を打って、拝む程度でしたが、今は、それぞれの神社の祭神は本当におられると思っています。宗教は苦手なので宗教の信者の方とは一定の距離は取りますが、神霊と呼ばれる存在や、日本神話や沖縄の御嶽(うたき)の伝説に残る神々、稲荷神社のお狐さんのような眷属神、仏教の如来や菩薩、明王や神将などの守護神は実在し、人々やこの国を守って頂いていると考えるようになりました。そのようなこともサイトを通じて、伝えたいと思っています。

運営者氏名:広沢編集事務所 広沢大之助
住所:〒253-0054 神奈川県茅ケ崎市東海岸南5-2-8
TEL:0467-88-1615
メルアド:comment☆mbr.nifty.com
(☆を@に変えてください。迷惑メール防止用です。)

広沢編集事務所ホームページへ

(c)このホームページのコンテンツは著作権法により保護されています。無断転載を禁じます。